50985057-8D5A-4C84-9AA5-B742566479EB.png
もしもし、シモーヌさん
<公衆電話バージョン>

ご予約の受付は終了いたしました​!

作品概要

かもめマシーンによる「電話演劇」の第2弾。今回取り組むのは、1930〜40年代という激動の時代を生きたフランスの思想家・シモーヌ・ヴェイユ。観客は公衆電話を訪れ、俳優に電話をかける。ストイックな思想を貫いた彼女の言葉は、電話口でひとり耳を澄ます観客の最深部にまで浸透する。
 

STATEMENT

かもめマシーンでは、この9月、豊岡演劇祭2021フリンジにおいて、電話演劇の新作となる『もしもし、シモーヌさん』を上演予定でした。豊岡では、豊岡市の江原地区にある友田酒造および、竹野地区にある竹野港東防波堤灯台前において、建築家・白鳥大樹によってこの作品のために製作された「電話ボックス」を設置。その中から観客が俳優に電話をかけ、一対一で語られるシモーヌ・ヴェイユの言葉に耳を澄ませる、という内容を計画していました。

誠に残念ながら、演劇祭は中止となり、それを受けて、私たちもこの公演の中止を決定しました。

しかし、転んでもただでは起きません。

私たちは『もしもし、シモーヌさん』に代わる演目として、『もしもし、シモーヌさん<公衆電話ver.>』を上演いたします。

この<公衆電話バージョン>では、あらかじめ、観客にテレフォンカードを郵送いたします。上演時間になると、観客は、このテレフォンカードを用い、それぞれ近所の公衆電話から指定された番号へと電話をかける。そうして『もしもし、シモーヌさん』の上演に参加していただくという特別編です。

当初計画していた『もしもし、シモーヌさん』が生み出す体験とは異なりますが、日本全国どこでも自宅の近所から参加できる<公衆電話バージョン>だからこその観劇体験を味わっていただけます。

ぜひ、ご予約をお待ちしております!

かもめマシーン主宰

​萩原雄太


 

上演日時
2021年9月10日(金)〜14日(火)
16:30〜/18:00〜/19:30〜

合計15ステージ

 

【オンライン座談会】

9月15日(水)19:00~20:00

観客それぞれがこの作品の体験をシェアする1時間程度のオンライン座談会をZoomにて開催します。

※テキストはアーカイブとして後日公開予定です
 

上演時間

約30分
 

料金

2,500円

チケット予約
8月28日(土)10時〜

https://moshimoshi-simone-pbox.peatix.com/

〔9月3日更新〕
チケットはおかげさまで完売となっておりますが、
今後キャンセルが出た場合には、9月5日10:00より、下記のPeatixイベントページにてキャンセルが出た回を再販売する予定です。
URL: https://moshimoshi-simone-pbox.peatix.com/

注意事項

・任意の公衆電話から、観客ご自身で指定の番号に電話をかけていただきます。

・上演時間約30分に必要なテレフォンカード2枚を事前に送付いたします。

・開演時間を10分以上過ぎた場合にはキャンセル扱いとなりますので、お時間には余裕を持ってご準備をお願いいたします。

・新型コロナウイルスの感染症対策はご自身で行っていただきます。(ドアや電話機など手が触れる部分の消毒、帰宅後の手指の消毒と洗浄など)

CREDIT

テキスト|シモーヌ・ヴェイユ

構成・演出|萩原雄太

出演|清水穂奈美

舞台監督|伊藤新(ダミアン)

宣伝美術|葛綿晴奈

制作|清水聡美

後援|豊岡演劇祭実行委員会

製作|合同会社かもめマシーン


お問い合わせ

かもめマシーン制作部 info.kamomemachine@gmail.com